• ホーム
  • 人気商品ランキング
  • お得なセット商品
  • 商品一覧
  • まとめ買い

馬刺しの達人 > 馬ロース刺し商品一覧

馬ロース刺し

馬ロース刺し

  • 馬ロース刺し

まさに赤身の王様!ロースを食べればその店の実力がわかる!!

赤身なのに脂がのっていて、トローッと柔らかく、ジューシーな肉汁の旨みがたまりません!

トロ〜ッととろけるような柔らかい肉質に、サラッと口どけの良い脂の甘み、馬肉本来の濃厚な旨みは、まさに赤身の王様ともいえるおいしさ。食通の方は、「ロースを食べれば、その店の実力がわかる」と言われるほど、馬刺しのおいしさに違いが出る部位です。

これぞ馬刺しの本場熊本ならではの食べ方 馬ロースは濃厚な旨みを最大限に活かす食べ方、それは生にんにくと食べること!

イメージ

最高に旨みの強い馬ロースは、肉の味自体がしっかりしているので、薬味に負けない馬肉本来のおいしさを味わえる部位。逆ににんにくのような薬味を多めにして食べると、脂の甘みや肉の旨みが際立って、うまいのなんの!「感動もののおいしさ!」と大評判です。また馬ロースは焼いても柔らかくジューシーなので、焼肉やステーキにして食べてもおいしい部位です。馬刺し専門店では馬ロースステーキと出してるところもあります。

馬ロース、特上赤身、上赤身の3点盛り!赤身を食べ分けるのが馬刺し通の証!!

イメージ

馬刺しって奥が深いですよね。馬ロースは脂がのって濃厚な味わいだし、特上赤身はジューシーで旨みが強いし、上赤身はもっちり、サッパリしたおいしさがある... 赤身だけでもこれだけ色んな味わいを楽しめるわけですから。
だからこそ馬刺し通の方は、赤身と霜降りとふたえごと... という食べ方より、赤身だけでおいしさの違いを食べ分けながら楽しまれています。

馬刺しの調理方法

商品が到着したら、まず冷凍庫で保存してください。解凍・開封するまで鮮度を閉じ込めてあります。解凍する際は、電子レンジでの解凍は厳禁です!!美味しく食べてもらいたい達人からのお願いです!

  • 氷水で解凍

    氷水で解凍

    未開封のまま、約5〜10分間、氷水に漬けて解凍して下さい。

  • 芯を残す解凍がオススメ

    芯を残す解凍がオススメ

    溶ける時間は季節や室温によって異なりますが、目安はお肉の真ん中に芯が残る程度と考えてください。

  • 繊維目に垂直に!

    繊維目に垂直に!

    お肉の繊維目に対し垂直に包丁の刃をあてながらスライスして下さい。繊維を切ることで、驚くほど柔らかく召し上がれます。

  • スライスの方法

    スライスの方法

    おおよそ2〜3mmの厚さで切って下さい。美味しくいただくのに丁度いい厚さになります。

達人からのアドバイス 国産馬刺しは、さばきたてを真空冷凍してありますので、パッと見の印象が赤黒く見えてしまう場合があります。品質にはまったく問題ありません。むしろ鮮度の良い証拠です!馬刺しの赤い発色はスライスして酸素に触れることで徐々に発色してきますので、どうぞご安心ください。

産地それぞれの美味しさがあります。違いをお楽しみください!

  • 国産イメージ

    国産チャート

    国産

    お肉のキメが細かく、脂ののり、肉の旨みがひと味違います!

    この産地の紹介を見る

  • カナダ産イメージ

    カナダ産チャート

    カナダ産

    大トロ、中トロと脂の乗ったお肉が特長的で、お肉の甘みが強いです。

    この産地の紹介を見る

  • ポーランド産・アルゼンチン産イメージ

    ポーランド産・アルゼンチン産チャート

    ポーランド産・アルゼンチン産

    放牧育ちでムダな脂肪がない、赤身中心で柔らかく旨みの強いお肉となります。

    この産地の紹介を見る